全国配送
5個以上のご注文で全国送料無料
即日発送
14:00までのご注文で即日発送
大量発注歓迎
お見積いたします、ご相談ください。
1個から販売しております
少量のご注文でも対応可能

新着情報

ブログ

2020年09月10日

ベランダの排水口 ネットで覆うと詰まる原因に

ベランダの排水口 ネットで覆うと詰まる原因に

 

 

ベランダガーデニングは景色も良くなるし、植物の成長も見られて楽しいですよね!しかし、水やりやベランダの掃除の際に流れる砂や土が気になります。以前、「ベランダでガーデニングをしていると、ベランダの水掃除をする際どうしても排水溝に砂や土が流れてしまうのですが、これが詰まりの原因にならないか心配です。砂や土など超微細な粒子なら大丈夫ですか?それともドレンキャップをネットのような細かい網で覆い砂や土も流さないようにした方が良いですか?」というご質問を頂きました。

ドレンキャップをネットで覆うと、いざという時に詰まってしまう可能性があります。本ブログでは、ドレンキャップをネットで覆ってはいけない理由、排水口(ドレン)に多少の砂や土を流しても大丈夫な理由について説明いたします。

 

 

ドレンキャップ(ストレーナー)をネットで覆ってはいけない理由

 

ドレンキャップの目が粗く出来ているのは、枯葉や大きなゴミがドレン付近を塞いだとしても、その隙間から細かい土砂や雨水を流せるように敢えて粗くなっています。そのドレンキャップをネットで覆ってしまうと、土砂などの細かいゴミがネットに目詰まりを起こしてしまい、ドレンキャップそのものがドレンを塞いでしまう原因になりかねません。ドレンキャップは目が粗い事で敢えて「隙間」が出来る事を想定してつくられており、その隙間のお陰で排水が出来る仕組みとなっております。ですので、その隙間を埋めたり詰まらせる恐れのあることはやらないようにお気を付け下さい。

 

 

 

 

排水口(ドレン)に多少の砂や土を
流しても大丈夫な理由

 

ドレンキャップには敢えて隙間ができるようにつくられていると申し上げましたが、では、その隙間から流れ出る砂や土はほおっておいて大丈夫?と思われるでしょうが、私の経験上、多少の砂や土は流れてしまっても問題ありません。建物の排水パイプは大抵直径50mm以上のパイプを使っているため、大概は、大量の雨水と一緒に浸透枡(建物の雨水が最終的に流れ出る枡)や下水道などに流されます。ただし、これは「多少」の場合ですので、あまりにたくさんの砂や土が流れるのであれば、砂や土が乾燥して軽い状態の時に掃除をして除去しておく事をお勧めいたします。

 

 

以上がベランダ・バルコニーのドレン(排水口)のドレンキャップをネットで覆わない事をお勧めする理由です。是非参考にして下さい。

 

 

 

弊社で製造販売しているドレンキャップについて詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

 

ベランダ・バルコニーを快適にするお役立ち情報や私の私生活・考え方・気付き等をメルマガで配信しています。ぜひ登録して下さいね!

ご登録はこちら

 

 

役立つ情報をLINE@で不定期配信しています。

 

ぜひ友達追加して下さいね!

 

 

友だちになる事のメリット

・ラインで気軽に質問できます!

・ラインでイワタドレンの注文ができます!

 

友だちになってお気軽に質問を送ってください

現場で写真を撮って、そのまま質問を送ってもらえれば、問題の早期解決に協力できるかもしれません。

 

ラインで注文承ります

ラインなら現場で気付いた時に注文できます。また、リピーターのお客様は手続きも簡単です!休憩時間に活用ください

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEの友だち登録お願いします

 

 

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

 

お電話での問い合わせはこちら