全国配送
5個以上のご注文で全国送料無料
即日発送
14:00までのご注文で即日発送
大量発注歓迎
お見積いたします、ご相談ください。
1個から販売しております
少量のご注文でも対応可能

新着情報

ブログ

2020年02月06日

改修用ドレンのサイズ選定にご注意ください

改修用ドレンのサイズ選定にご注意ください

 

 

 

 

改修用ドレンって基のドレンの大きさより結構小さくなってしまうけど大丈夫なの?排水に問題ないの?と心配した事ございませんか?
先日、「屋上の防水工事で改修用ドレンを設置したのですが、穴が小さくなって、直ぐに水が溜まります。良い方法はありませんか?」というお問い合わせをいただきました。ドレン設置後の水溜り対策はなく、設置前の選定が重要です。
本ブログでは、改修用ドレンの選び方について説明いたします。

 

 

 

できるだけ口径の変わらない
改修用ドレンを選びましょう

改修用ドレンは、まず第1条件は既存のドレンの中に入るものを選ばなくてはいけませんが、かといって、入れば良いというものではありません。できるだけ、既存のドレンに近い口径のものを選ぶ事が必要です。あまり、小さ過ぎる口径のものを設置してしまうと、排水を処理しきれずに水が溜まってしまい、最悪の場合はオーバーフローしてしまう事になります。止むを得ず、口径に大きな差異が生じてしまう場合には、新たにオーバーフロー管を設置し、排水しきれずに水が溜まっても雨漏れなどの被害が出ない対策をしておきましょう。

 

 

 

 

50φ以下の既存ドレンは要注意

木造戸建て住宅のベランダでは50φのドレンが比較的多く設置されていますが、50φに入る改修用ドレンを探すと、結構小さいものになってしまいます。蛇腹のホースを使うものですと、恐らく30φくらいの口径になってしまいますので、これだけ口径が小さくなってしまうと許容の排水量を超えてしまう恐れがあります。先程も記載しましたが、オーバーフロー管の設置をお勧めします。また、弊社では水道用塩ビパイプVU50管より口径で4mm小さい「P-50」という商品を用意しています。既存のドレンが50φの時は是非ご検討ください。

VU50管より一回り小さい口径のドレン「P-50」について詳しくはこちら
関連ブログ 

 

 

 

段の無いヨコ引きドレンは改修できません

ヨコ引きドレンの場合、ドレンの手前が1段下がっている、床に溝がある等の場合を除き改修用ドレンを設置する事は控えた方が良いでしょう。なぜならヨコ引きでの改修用ドレンを使うという事は、口径が小さくなる分床よりも高くなってしまうという事だからです。床より高い位置にドレンが設置されるという事は、常に水が貯まるという事です。床に段が無い場合は、改修用ドレンではなく、既存ドレンの再利用もしくは撤去し、新規ドレンを設置した方が良いでしょう。

 

 

 

 

こまめにドレンのゴミを取り除きましょう

いずれにしても、改修用ドレンを設置するという事は、元のドレンよりも口径が小さくなっていますので、雨水を排出する量も物理的に少なくなっています。ですから、常日頃から排水の効率について考えておかなければなりません。排水の効率を悪くする原因で1番大きいのがゴミによるストレーナーの目詰まりです。ストレーナーにゴミが付いていたら、こまめにゴミを取り除きましょう。

掃除のしやすい弊社のストレーナーはこちら

 

 

 

 

役立つ情報をLINE@で不定期配信しています。

ぜひ友達追加して下さいね!

 

友だちになる事のメリット
・ラインで気軽に質問できます!
・ラインでイワタドレンの注文ができます!

友だちになってお気軽に質問を送ってください
現場で写真を撮って、そのまま質問を送ってもらえれば、問題の早期解決に協力できるかもしれません。

ラインで注文承ります
ラインなら現場で気付いた時に注文できます。また、リピーターのお客様は手続きも簡単です!休憩時間に活用ください

 

 

 

 

LINEの友だち登録お願いします

 

 

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

 

お電話での問い合わせはこちら