全国配送
5個以上のご注文で全国送料無料
即日発送
14:00までのご注文で即日発送
大量発注歓迎
お見積いたします、ご相談ください。
1個から販売しております
少量のご注文でも対応可能

新着情報

ブログ

2020年01月23日

オーバーフロー管の後付けには注意が必要です

オーバーフロー管の後付けには注意が必要です

 

「うちの屋上、今の排水口のままで大丈夫かしら、排水口を追加で増やした方が良いのかしら?」と思った事はありませんか?
先日の多雨を受けて、
「排水口が2か所あるのですが、オーバーフロー管は必要でしょうか?ゲリラ豪雨対策にオーバーフロー管の追加は効果ありますか?また、後付け出来ますか?」というご質問をいただきました。
屋上やベランダに排水口(ドレン)を後から設置する事は通常ございません。また、オーバーフロー管についても後から設置するのは注意が必要です。
本ブログでは、ドレンやオーバーフローの後付けがなぜ行われないのか、どんな注意が必要なのかについて説明いたします。

 

 

 

 

屋上・ベランダに排水口(ドレン)を後付けしない理由

屋上やベランダには水が排水口に向かって流れるように勾配が必ず付いています。排水口は屋上・ベランダの1番低い部分に設置されていなければなりません。現状で1番低い部分にドレンが設置されている訳ですから、後付けでドレンを設置するという事は、1番低い部分ではない部分に設置する事になります。要するに高い部分に設置する事になるので、あまり意味が無いという事です。防水に穴を開けるという事はリスクを背負う事になるので、意味の無い事のためにリスクを負うのは通常行われません。

 

 

 

 

 

オーバーフローの後付けにはリスクが伴います

それならば、オーバーフロー管を追加で設置し、万が一の時に溢れないようにできないかと思われる方もいらっしゃると思いますが、先程のドレンの設置と同様に防水層に穴を開ける事になるのでリスクが伴います。但し、排水が多く流れる床面に接する部分ではなく、壁面に穴を開けるため、排水口よりもリスクは少なくて済みます。そのため、次の点を注意すれば、オーバーフローの後付けはできると思います。

 

 

 

 

オーバーフローを後付けした際の注意点

オーバーフローを後付けする際の注意点としては、当たり前のようですが、設置した後に再度防水施工を行うという事です。防水屋さんなら当たり前の事ですが、知らない方は「オーバーフローのツバの裏にシール材を付けてビスで固定すれば良いですか?」とか「DIYで付けられますか」と聞かれることがございます。防水層に穴を開けて設置するわけですから、再度、しっかりと防水層を形成しなければ雨漏れする原因になってしまうかもしれませんのでご注意ください。

 

 

弊社のオーバーフローについて詳しくはこちら

 

 

 

役立つ情報をLINE@で不定期配信しています。

ぜひ友達追加して下さいね!

 

友だちになる事のメリット
・ラインで気軽に質問できます!
・ラインでイワタドレンの注文ができます!

友だちになってお気軽に質問を送ってください
現場で写真を撮って、そのまま質問を送ってもらえれば、問題の早期解決に協力できるかもしれません。

ラインで注文承ります
ラインなら現場で気付いた時に注文できます。また、リピーターのお客様は手続きも簡単です!休憩時間に活用ください

 

 

 

 

LINEの友だち登録お願いします

 

 

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

 

お電話での問い合わせはこちら