全国配送
5個以上ご注文の場合、全国送料無料
大量発注歓迎
お見積いたしますのでお気軽にご連絡、ご相談ください。
1個から販売しております
少量でもお気軽にご注文ください。

新着情報

ブログ

2018年10月31日

雨樋の詰り防止対策方法

 

秋から冬にかけて屋上や屋根に落ちてくる落ち葉が樋(トイ)に溜まって配管が詰らないかしらと心配したことはございませんか?

弊社にも「雨水は流れ、枯葉やゴミを入れない雨といにかぶせるネットのようなものはないのでしょうか?」とお問い合わせいただいた事がございます。本ブログでは雨樋における詰り防止策についてご紹介いたします。

 

雨樋とは?

雨樋とは、屋根面を流れる雨水を集め地上あるいは下水に導くための装置の事で、屋根に落ちた雨水を受け止める配管と、受け止めた雨水を下水に流す配管の総称のことをいいます。この雨樋のお陰で雨の日でも屋根の滴が直接真下に落ちてこないようになっています。しかし、この雨樋からの排水が詰り始めると、屋根から、降っている雨以上に大粒な滴となって落下し不快な思いになるものではないでしょうか?

 

専用キャップもあります

雨樋も、屋上やベランダの排水溝と同じように詰り防止のために専用のストレーナーやドレンキャップがあります。恐らく新築時に設置されていると思いますがプラスチック製が多いため日光に当たると紫外線で劣化し、壊れやすくなると聞いたことがございます。また、メーカーやどういった場所に付けるかによって部品が異なるため、部品を探すのが難しいのが現状です。

 

 

改修用ストレーナー・ドレンキャップも代用可能です

屋上・ベランダの排水溝に使用されるストレーナー・ドレンキャップを代用しても落ち葉やゴミの詰り防止には有効です。ただし、目皿ですと、返って穴を塞いでしまう結果になることもございますので、弊社のストレーナーのような立体的な形状のものをお選びください。また、屋根の雨樋の場合は簡単に掃除や手入れはできませんので、錆びない丈夫なものをお選びください。

 

 

 

 

危険ですので設置はプロにお任せしてください

雨樋はとても危険な場所に設置されていますので、絶対にご自身での取り付けは行わず、工務店さんや板金屋さんに依頼してください。「設置だけお願いするのは申し訳なくて・・・」という方は、工務店さんや板金屋さんに部品の購入からお願いし設置してもらうように話を進めると先方も快く引き受けてくれると思います。

 

 

このように雨樋においてもストレーナー・ドレンキャップを設置することで排水管の詰まりを防止することができます。雨樋は建物の外に設置されているので、万が一、詰り、水が溢れたとしても、直接雨漏りになるものではありませんが、建物を汚す原因となったり雨の日に水が落ちる音を発したりと不快に感じる要因を作ります。屋上・ベランダと同様、「定期的な清掃を」とはいきませんが、雨樋を詰らないように事前に策を講じ、快適な生活を送ってください

 

 

 

ベランダ・屋上の排水口に関する情報をLINE@で配信しています。

ぜひ友達追加してくださいね!

 

LINEの友だち登録お願いします

 

 

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

 

お電話での問い合わせはこちら