全国配送
5個以上ご注文の場合、全国送料無料
大量発注歓迎
お見積いたしますのでお気軽にご連絡、ご相談ください。
1個から販売しております
少量でもお気軽にご注文ください。

新着情報

ブログ

2018年10月24日

ドレン(排水溝)は2ヵ所以上あった方が安心です!

「小さいベランダなのでドレン(排水溝)は1ヶ所で大丈夫」と思っていませんか?

 稀にではございますが、設計事務所の方より「小さいベランダなのですが、排水溝は1ヶ所で十分でしょうか?」と聞かれることがございます。

 聞かれた時には、「できれば複数の排水溝を設けてください」と答えています。本ブログでは、小さなベランダでも複数のドレン(排水溝)が必要な理由をご紹介いたします。

1ヶ所のリスク

 ドレンが1ヶ所の場合、そのベランダの雨水は、その1ヶ所のドレンで排出しなければなりません。
もちろん、そのベランダの排水流量に適したドレンが付いていれば、計算上は全く問題ないと思われます。
しかし、ごく稀にではございますが、計算できない事が起こります。
それは、ゴミなどによる「詰まり」です。万が一、木の葉やゴミなどでドレンが計算通りの排水が出来なくなった場合、雨水はベランダに溜まり、最悪サッシから屋内へ浸入してしまいます。
ドレンが1ヶ所の場合はこのようなリスクがある事をご理解下さい。
雨水が溜まっている状況に気付き、ドレンのゴミを排除し計算通りの排水流量に戻すことが出来るという自信があるのであれば1ヶ所で十分ですが、雨は、夜寝ているとき、出かけて不在の時などこちらの都合を待ってくれませんので、このリスクに対する対策を講じる必要があります。

2ヵ所以上あれば

 このように、予想外の「詰まり」が起きたとしても、ベランダに2ヶ所以上のドレンがあれば、もし1ヶ所が詰まったとしても、もう一方のドレンから排水できます。
この場合、雨水が溜まったとしても、ベランダの勾配分だけで、屋内に溢れるという事にはなりません。
2ヶ所以上のドレンを設けることによってリスクを分散させることが出来ます。

オーバーフロー管も有効です

 オーバーフロー管の設置もリスクの分散には非常に有効です。
元々オーバーフロー管は、水が溜まって屋内に溢れる前に、最後の砦として屋外に排水するための設備で、万が一の時に頼りになる排水溝です。
しかしながら、滅多に使われることが無い事や、実際に排水しているのを見たことが無いため、口径の小さいものを設置したり、もしくはオーバーフロー管を設置しなかったりと軽視されております。
住宅の瑕疵保証制度においてオーバーフロー管の設置は必須となっているように、非常に大切な設備ですので、各ベランダに設置することをお勧めします。

適度に掃除を

 水が溢れて屋内に雨漏れさせないために、ドレンを複数設置することも重要ですが、一番重要なのは日頃のお掃除です。
ベランダに落ちている落葉やゴミは適宜捨てて、排水の妨げとなるものを排除し、常に水がしっかり流れる状態に保っておいてください。

ベランダ・屋上の排水口に関する情報をLINE@で配信しています。

ぜひ友達追加して下さいね!

LINEの友だち登録お願いします

 

 

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

 

お電話での問い合わせはこちら